学生気分とは決別!?社会人を育てるための研修

入社時におこなうマナー研修

多くの企業では新入社員が入った際には研修を実施するところが多いです。入社する人たちのほとんどが学生のために社会人としてのマナーを知らない人がほとんどです。そのために自社の社員になるために、最低限のマナーを研修で叩き込みます。社外のマナー講師を呼んでおこなう企業も多くあります。挨拶の仕方、電話の受け方、名刺交換の仕方など、今後社会人生活をする上で、仕事上、起こりうる場面を想定しての様々な研修になります。

現場で働いて半年後の研修

研修を受けた新入社員は、自分の職場に戻り研修で学んだことを実践することになります。多くの場合は、教育のための先輩社員がつくことが多く、研修で学んだこと以外のケースに出会った際には先輩社員から指導やアドバイスを受けながら対応します。このようなマナーは、場数を踏むことで身につけることができるために、新入社員は積極的に窓口対応をしたり電話を取ったりして慣れていきます。しかし、そのような環境でも的確なアドバイスを受けれなかったりするケースもあり、そのような疑問点を持ち始めるのは入社して半年後ぐらいです。

半年後の研修の内容と意味あい

そのため企業では、入社した新人に対して、半年後のフォローアップ研修と称して、入社時の研修のフォローのための研修をおこなうところが多いです。入社して実際の仕事の中で持ち始めた疑問などを解消するための研修と位置づけているところが多いです。マナーはもちろんのこと、社会人としての立ち振る舞いなどについてもアドバイスを受けることができます。それと同時に、入社時研修依頼に会う同期との再開を喜んだり、またそれぞれの現場での話しでお互いの近況を話し合ったりするいい機会になります。

企業が行う社員研修には、新卒の新入社員を対象としたものがあります。基本的な電話の受け答えや、名刺交換の仕方など、社会人として必要なマナーも学びます。