サーバーをレンタルしてホームページを作る方法をご紹介します

サーバーと独自ドメインをレンタルする

初めに行うのは、サーバーと独自ドメインのレンタルです。レンタルサーバー会社はドメインも取り扱っているので、同時にレンタルしましょう。その方が管理が楽ですからね。ドメイン名は変更できないので慎重に付けましょう。サーバーは容量が大きなもの程、動作が早いので、画像などをホームページに張り付ける予定であればその辺も考慮する必要があります。月々のレンタル代は1,000円程度ですが、初回だけ3,000円程の設置手数料を請求されますので、予算に入れておきましょう。

骨組みとなるテンプレートを選ぶ

ホームページの方向性に合わせて骨組みを選ぶ必要があります。ネットショップタイプにするか自社商品の宣伝にするかでも骨組みは大きく変わってきます。オススメの選び方は、有料のテンプレートを購入する方法です。販売しているサイトには用途に合わせたテンプレートが豊富にあります。料金は15,000円以下でダウンロード販売されていますので、プロに依頼するより格安です。テンプレートのカスタマイズには時間と手間がかかるので、その面でも購入した方がメリットがあると言えます。

SEO対策を意識しながらホームページをつくる

ホームページを制作しても訪問者が来なければ意味がありません。そのためにはSEO対策が必須になります。予算に余裕があればSEO対策の専門業者に依頼するのも一つの手です。予算が限られている場合は、自身で工夫をしなければなりません。コツとしては検索され易いキーワードを意識する事です。一つのページにキーワードが多くある程、検索クローラーが見つけてくれ易くなります。キーワードを入れ過ぎてスパム扱いになるという事はありませんので、是非、参考にしてください。

レンタルサーバーとは、インターネット上に常時つながっているハードディスク上にファイルを置く場所です。ホームページを作成し、常時世界中から見られるようにする為には必要な場所です。