ネットで誹謗中傷されてしまったときにすること

まずは出所を確かめる

TwitterやFacebookなどのSNSの普及により今やネットでの誹謗中傷は芸能人などの一部の人々だけの悩みではなくなってしまいました。もしあなたがネット上の見ず知らずの人に誹謗中傷されるようなことがあったら当然悲しい気持ちになりますよね。人によってはかなりひどく落ち込んでしまうかもしれません。そんな時はまず出所を探ってみましょう。Facebookなどは実名登録が基本ですから直接文句をいってやってもいいですね。Twitterなどもその人の日頃のツイートやフォロワーをみればどんな人かなんとなくは見えてきます。普段から他人の悪口だけを言っているような人なら放っておいてもいいでしょう。少なくともその人の素性が見えてくれば少し気も晴れるはずです。

それではおさまらなければ警察に相談

こんなご時世ですので警察にもサイバー犯罪相談口が存在します。誹謗中傷に犯罪性を感じるレベルなら相談してみるのも一つの手でしょう。誹謗中傷は個人相手なら「名誉棄損」会社や飲食店なら「信用毀損罪」「業務妨害罪」と立派な犯罪になりえます。悲しいことにネット上の誹謗中傷は今やありふれていますからなかなか対応してもらえないかもしれませんが、正式な捜査を経て立件するに至らない場合でも、何らかの協力が得られる可能性もありますので、一人で悩み続けるよりは相談してみるのもアリでしょう。

なによりもまず気にしない

素性を探るのも、警察に相談するのもいいですが、なによりいいのは気にしないこと。所詮面と向かっての悪口を言えない程度の人の言うことですから、そのために時間を使うことがもったいないです。お店などをやっていて営業に支障が出る場合は素性など探る前に早々に警察に相談し、そうでない個人ならとりあえずは気にしないように努めていく方が健全ですし利口といえるかもしれません。どうしても気になって仕方ない場合は精神衛生のためにも無理して我慢せずに行動を起こしてみるといいでしょう。

ネットで検索上位に表示させるには、SEO対策が不可欠です。しかし、不自然な外部リンクを多用するとスパム扱いになり逆SEOの様な状態になります。