白熱電球から切り替えられているLEDはどこが魅力的?

白熱電球よりも少ない電力で同等の光を放つ

これまで使われていた白熱電球からLED電球に切り替わる流れになっていますが、なぜLEDが支持されているのでしょうか。最初の理由として、消費電力が低いことが挙げられます。家電量販店などで実際にLED電球のパッケージを見ればわかりますが、30W相当や40W相当と書かれていたとしても、実際の消費電力はその数分の一になっています。つまり、白熱電球よりも電力を消費しないにもかかわらず、同等の明るさで光ることができるので、今までの電球と同じ使い勝手で省エネ化を進めることができるのです。

製品寿命が長いので取りつけ間隔を短くできる

次に製品寿命が長いことが挙げられます。白熱電球の場合、使用頻度によっては一年や二年ぐらいで切れてしまうことがありましたが、LED電球は数年から10年以上は持つといわれています。そのため、頻繁に交換するとコストがかかる信号機などで取り替えが進んでいっているのです。パソコンモニターや液晶テレビのバックライトもLEDになっており、製品寿命の長寿化に貢献しています。価格が今よりも下がれば、家庭で切り替わっていく可能性が高いでしょう。

熱をほとんど発しないので周囲に影響を与えない

LED電球は白熱電球と比べて、あまり熱を持たないというのも魅力の一つです。これまで照明が多いところでは、室温が高くなってしまうので、エアコンを稼働させなければならず、電球とエアコンの消費電力がかさみました。しかし、LED電球はそれほど室温を上げることがないので、電球の熱によってエアコンを稼働させる必要がなくなります。また、熱は電球の周囲にあるものに悪い影響を与えることがありますが、LEDであれば回避可能なのです。

ledパネルは従来の広告看板と比べて軽量なことから宙吊りや壁掛けなど、より目立つ方法で展示することが出来ます。また、led照明は虫が寄ってこないので屋外でも綺麗な状態で使用できるのが魅力です。